手を広げる人

うつ病の大きな原因はストレスと言われています

再発予防

カウンセリング

病気の再発予防はとても大切です。がんなどは再発しやすい病気として知られています。そして、再発率がとても高い病気として有名なのがうつ病です。この病気の原因はストレスと言われており、誰でもストレスを感じることがあります。一度治療を施しても、再発する可能性が非常に高いので、しっかりと予防をしなければ行けないのです。うつ病の再発を防ぐ方法をお教えしていきます。基本的な再発予防方法として、維持療法があります。これは、病気が治った後も継続して薬物治療を続ける方法です。一般的にこの病気の場合は1年から2年は維持療法を行います。抗うつ剤の量は、患者の様子を見ながら段階的に減らしていくのです。いきなり抗うつ剤の量を減らすのは病気を再発させる原因にもなってしまいます。また、症状が重症の方や、慢性化している方は2年以上継続して薬物治療を続ける場合もあるでしょう。再発予防方法としては、認知コントロールも有効です。この病気になりやすい方は、思考パターンが共通している場合が多いので、思考パターンを変えていくことで病気の再発を予防することができます。基本的にこの病気になりやすい方は個人で問題を解決しようとするので、自分の限界以上に頑張ってしまうことがあるのです。例えば、仕事が多い場合にはこんなに大量の仕事は自分では処理できないと悩みますが、結局は自分一人でなんとかしようとしてしまいます。このような思考を、大量に仕事があるから誰かに手伝ってもらおうと考えるようにしていくのです。考え方を変えることで、物事の捉え方が変わりストレスを感じる事が少なくなってきます。また、不眠には十分気をつけなければなりません。基本的にストレスが原因でうつ病が発症します。睡眠が十分に取れず、寝不足になってしまうとストレスが溜まってしまうのです。寝付きが悪くなってきたり、寝付いてもちょっとした事で目が覚める用になってきたら病気のサインかもしれません。すぐに専門の医師に相談することで対処することができるでしょう。このようなサインを見逃さないようにすることが病気の再発予防には大切です。常に自分の心や身体の変化に気を配るようにしましょう。また、周囲からサポートしてもらうことも大切になってきます。家族に協力してもらい、規則正しい生活を送れるようにしましょう。このような精神病は生活リズムが狂ってしまうことが原因となって発症する場合もあります。生活リズムを整えることでストレスを軽減させることができるのです。また、会社の方には仕事量を調整してもらうことでストレスを軽減することが出来ます。自分の処理できる量の仕事量に調整してもらいましょう。処理できない仕事を抱え込むのは大きなストレスになります。会社であれば、同僚に協力してもらいながら仕事をこなしていきましょう。周りからのサポートを得ることができれば、ストレスなく仕事をこなすことができるのです。このように周りの方が再発予防に協力してくれると、より効果的な再発予防が実現できます。自分の周りにこのようなうつ病患者がいる場合は、できるだけサポートしてあげましょう。また、自己表現をしっかりと行うことも再発予防には欠かせません。思っていることがあるならハッキリと口に出して伝えないと、相手はわからないのです。

Copyright © 2017 うつ病の大きな原因はストレスと言われています All Rights Reserved.