うつ病は信頼できる先生と治そう

うつ病の大きな原因はストレスと言われています

入院治療とは

一般的なうつ病の場合、外来治療をメインに治療を行います。ですが、症状が重度の場合は入院治療が必要になってくるのです。病気の原因であるストレスから切り離された環境で治療に専念できるでしょう。

心の症状

人形

うつ病の原因はストレスと言われています。ストレスが溜まることで、心の健康を保てなくなり病気を発症するのです。心の健康が保てなくなると、心と身体に様々な症状が現れます。今回は心に現れる症状を紹介するので、勉強していきましょう。基本的に人間は様々な要因でストレスを感じます。職場や学校での人間関係から、人生での挫折、引っ越しや結婚などによる生活環境の変化などがその一部です。これらのストレスが原因で発症する病気がうつ病と言われています。この病気で有名なのが心に現れる症状です。一般的な病気であれば、身体的な症状がメインになりますが、精神病の場合は心の症状がメインになる場合があります。更に、心の症状の他にも、身体的な症状が現れるのです。まずは、心の症状について知っておくことが重要になってきます。基本的に心の症状は、その本人にしか分からないもので、周囲の人間が心の症状について気付くのは難しいことです。また、このような心の症状はうつ病特有の症状というわけでもないので、病気の自覚が持てない場合が多くなります。人間は悲しいことや嫌なことがあると、気分が落ち込むでしょう。一過性の抑うつ症状なら誰しも経験することなのです。基本的に健康な方の場合は、抑うつ症状がでてもすぐに立ち直ることができます。しかし、病気の方の場合は簡単に立ち直ることができなくなるのです。これは、心のエネルギーが不足しているからで、抑うつ状態が長く続いてしまいます。抑うつ症状が長く続くと、色々な症状が現れるようになるのです。誰でも経験するような症状が現れるのが病気だと気付きにくい原因になるのです。一般的に有名な心の症状が気分障害でしょう。通常であれば嬉しいことが起こると喜ぶことができ、嫌なことが起こると悲しみます。ですがうつ病の方は嬉しいことや嫌なことが起こっても、喜んだり悲しんだりすることができなくなるのです。感情や気分に対する心の反応がバラバラになってしまいます。感情や気分に対する反応がコントロールできなくなるのです。この症状は風邪やインフルエンザなどを発症すると現れることがあります。ですが、一過性のもので、風邪やインフルエンザが治ると気分障害も解消されるのです。一過性の気分障害は原因が改善されることで、症状が治まります。ですが、うつ病の方の場合は、慢性的に気分障害を発症させることになるのです。精神的にも大きな負担になり、対人関係にも悪い影響を及ぼします。日常生活に支障をきたすようになるでしょう。また、心の症状としては意識や意欲の低下や、思考力の低下が挙げられます。これまで興味を持っていた趣味や仕事に対して急に興味や関心、意欲が湧かなくなるのです。人は趣味や仕事に対して飽きてしまい、興味関心が失われることがあります。ですが、原因が分からずに突然、興味関心が失われるのが特徴です。そして、意欲が湧かなくなることで、食欲や睡眠欲なども減少します。人間はご飯を食べたいと思うとご飯を食べますし、寝たいと思うと寝ます。これらの行動は意欲によって支えられているので、意欲が極端に低下すると行動を取ることができなくなってくるのです。うつ病の場合、思考力も低下しますが物を考えて決断することができなくなります。妄想に耽るようになり、現実と妄想の区別がつかなくなるのです。これはセトロニンの異常分泌が原因とされています。

再発予防

再発する可能性が高い病気は少なくありません。有名な病気ではがんが挙げられます。最近ではうつ病も再発の可能性が高い病気として認知されるようになってきました。再発予防には病気の原因であるストレスを溜めないことが一番です。

別の病気

うつ病の治療は時間が掛かることで有名ですが、異常に時間がかかる場合は別の病気の疑いがあります。症状が似ているのが原因で別の精神病と間違えてしまうことがあるのです。

Copyright © 2017 うつ病の大きな原因はストレスと言われています All Rights Reserved.